魚を摂取する主な意義|辛い貴女に|更年期はサプリメントで撃退しよう
女の人

辛い貴女に|更年期はサプリメントで撃退しよう

魚を摂取する主な意義

女性

より健康的な商品への注目度が上がっている一方で、元々から存在する有効な食品への意識や摂取が少なくなってきているともされます。肉を使った料理が増えている中で、魚もそうした不利な面を持つ食品に挙げられています。しかし魚には元々、健康に有効な成分が豊富に含まれていると言われています。その主な成分と言えるのがDHAです。DHAとはドコサヘキサエン酸の略称で不飽和脂肪酸の1種として知られています。不飽和脂肪酸は動物の脂から生成される飽和脂肪酸と比べて、体内に蓄積しづらい特徴があります。また不飽和脂肪酸の中でも、DHAが分類されるオメガ3系と呼ばれるタイプは体内での生成が難しく、食品からの摂取が不可欠な必須脂肪酸に位置付けられています。

こうしたDHAが他にも注目される理由として、健康に対する様々な有効性が期待できる点が挙げられます。代表的な効果として余分な中性脂肪およびコレステロールの蓄積を抑制する効果の他に、脳や神経組織の活性化やアレルギー・うつ病など特定の疾病予防効果が期待されています。DHAは魚の中でもマグロやサバ、ぶりやイワシといった種類の含有量が多いとされ、1日1グラム弱を目安に摂取する事が推奨されています。一方でDHAを目的とした魚料理を作る時には、注意が必要な点も挙げられます。調理や食べ方に関しては、できるだけ生の状態で食べた方が良いとされます。DHAは加熱に対しては分解されづらいものの、焼いたり揚げたりした際に他の脂肪分と共に流れ出やすい面があるためです。また大豆油やコーン油に含まれる、不飽和脂肪酸の1種であるオメガ6系の脂肪酸と同時に摂取すると、分解や吸収がされづらくなる特徴があるため避けた方が良いとされます。どうしても魚を食べる機会が少ない人の場合には、サプリメントから摂取する方法もあります。